仕事のエステクリニック

👩‍💼たくさんのアクセスありがとうございました。どんな転職サイトやエージェントがあるか一度見ておくと役に立つと思います。インスタもよろしくおねがいします。👩‍🔬

仕事のエステクリニック

「仕事のエステクリニック」では仕事を職種ごとに分類してその職種の転職サイトを一覧にしたり、仕事の探し方やエントリーする方法を広めることを目的としています。

仕事を探すときに情報格差が生まれないようにするには転職サイト、転職エージェントをしっかりとまとめることです。

どういう転職サイトやエージェントがあってどのような求人があるのかが分かると、自分の転職をどうやって進めるのがよいのか分かるはずです。

キャリアは転職して作ることもできますし、転職しても希望が持てない職種だと分かれば今の会社で頑張っていくしかありません。

こんな人生の大事な選択を間違えないようにするために、「こういう情報が欲しかった」と思われるような情報を提供していきたいと考えています。

転職サイトの口コミや評判を考える

「穴場」というのは誰しも考えるものです。需要と供給の関係を考えれば人気のない転職サイトなら多少ワケありの自分でもいい会社に入れるかも?なんて考えたりもします。

しかし、得てして甘い話はなく。

いい企業は複数のエージェント、複数の転職サイト、そして、自社サイトという感じでいたるところに求人を掲載しています。

ここであえて穴場的な転職サイトだけに求人を掲載する企業があるでしょうか?

応募が殺到すると困るからマイナーな転職サイトがいい!

という企業も居るでしょう。

ここは専門的な人材があつまるいい転職サイトだって!

それなら転職エージェントを使います。

しかし、会社から公開系転職サイトで募集しろというから載せていますという企業もあるでしょう。

しかし、そうなると、一番、認知度の高いリクナビNEXTなどの転職サイトに掲載せずに小規模なサイトにだけ掲載することはないでしょう。

つまり穴場はない!と思います。

転職サイトというものが登場し始めの頃は情報格差があって、ある企業はある転職サイトにだけしか掲載しないなんてこともあったでしょう。

しかし今はもう、そんなことはありません。

激しい競争倍率は覚悟して競争に勝つしかありません。

気に入った転職サイトはアプリで見る

スマホで簡単に転職活動をするにはアプリが便利でしょう。

転職サイトもスマホで見やすいようにできていますがどうしても探すのが億劫になってしまいますし、スマホのホーム画面に大きなアイコンが登場するアプリに比べるとブックマークから探してもう一度同じサイトを見るのは難しいかもしれません。

URLやブックマークも「ホーム画面に追加」とすることでアプリのアイコンと同じものができるのですが一般的ではないようです。

自己PRというのを気にしている人は、スマホのアプリでどうやって数百文字の自己PR文を書けばいいのかと悩んでいるのだと思います。

スマホが便利だとはいっても文章入力をする手間が大変です。それでももう少し時間が経つと選択方式だけで自己PR文や職務経歴書も作成できるはずだと思います。

そこに個性やなにかを求めてもどうせ文章だけ上手く書ける人が有利になってそれが本当に採用したい人とは限りませんので、本来はあまり必要ないものなのかもしれません。

これからは写真や実際にあって面接した感じを重視する傾向が強くなるのだと思います。

また、なにか仕事で成し遂げたことがあれば見せられるようにWebに掲載したりスマホで見せられるようにしておくといいでしょう。

スカウトはスマホアプリで転職活動をするのにちょうどいい仕組みだと思います。自分で探したりサイトで検索しても企業の求人の説明と自分がマッチしているのかわからないので、そんなことに時間を無駄にしたくないという人がアプリを利用するような気がします。

そんな暇があるのであれば他のアルバイトやスクールにでも通っていたほうマシ!という人の方が採用したいと思えます。

結局、転職サイトを上手に検索して、自己PR文章をものすごく綺麗にかけて求めるスキルとマッチさせて書いたところで、PCの前でずーっとそんなことばかりやっている人よりも行動力があって他のやるべきことを見つけてしっかりとやっている人の方がほしい人材だったりします。

その企業の仕事がそのような行動力のある人にとって満足できる会社かどうかはまた別の問題となってきますが、時間を無駄にせずに済むというのなら転職アプリの方が価値があるといえます。

転職エージェントを使うメリットは?

転職エージェントは本当に増えました。コンサルタントという人もたくさん増えました。以前働いていた会社では普通の会社員だった人がコンサルタントとして面談に応じていたりします。新卒のときからコンサルタントになった人も居ますが、やはり、コンサルタントは成果主義ですのでやはり仕事を決めてもらいたいと思っています。

しかし、個人でやっているような転職エージェントでなければ、コンサルタントがどこからか来ている形態だとしても紹介されて勤務する会社は会社ですし、調べれば情報は出てきます。そこでエージェントの良し悪しが影響していい会社へ入れなかったというのは逆恨みと言うものです。

ネットを見れば会社一覧が見れます。そこで募集している企業を見つけて応募することもできます。

エージェントではネットでは見れない求人を紹介してくれることもあります。その会社がどうかということは自分で調べるしかありません。

主婦や女性におすすめの転職エージェント

やっぱり誰かに紹介してもらった方が何も知らない人が突然行くより断然信用力が増すものです。

これは転職のときも同じです。

転職エージェントを通すと面談したコンサルタントが推薦状を書いて一緒に提出してくれると思います。それだけで印象が全く変わるものです。

オフィスワークの転職サイト

総合的なオフィスワークの転職サイトやエージェントを紹介しています。オフィスワークのあらゆる職種の求人を探すのにおすすめです。

管理職の転職サイト

管理職の人は管理職が向いているのか?

ということは分かりませんが、主婦や女性の方に管理職になって欲しいという企業はあると思います。

政府が女性の管理職を増やすことを推進しているようなこともありますが、その企業が個人向けの製品を扱う会社だった場合は最大の消費者である女性の目線で会社を運営した方が効率的だと考えることがあるでしょう。

人事の転職サイト

人事部に自部門で利益を上げるように無茶を言ってくる昔ながらの日本企業があります。

どうやって利益を上げろというのか分かりませんが、経営状況が悪くなると自社の間接部門に利益を上げろと言い出す会社が結構あります。

いくら考えても仕組みがないの時点で無理ですので人事部の経歴を最大限活かして違う環境で働くことを考えた方がいいかもしれません。

伸び盛りの会社では人事部門の人員が足りなくて困っています。

そういう場所に移って活躍しましょう。

経理の転職サイト

経理部門はIT化が進んで仕事が合理化された量が多い部門だといえます。

今後もさらに減っていくことが予想されますので、企業の与信調査をする会社や経理専門の会社などに転職するのが自分のキャリアを活かす方法です。

大企業の間接部門として働いていると企業の売上が落ちた時に真っ先にコスト削減の波がくるかもしれません。

看護師の転職サイト

医療系の国家資格を持っている方は学校に何年間も通うわ無ければならないので、他の業種の人がどんなに努力しても転職時に資格取得することは困難になっています。

これは強みであり、人手不足になる要因でもあります。

誰でも働けるようになると仕事を探すのが難しくなりますが、限られた人しか働けない仕事は働く人が足りないという事態におちいります。

人材不足といって一度退職した主婦の方にまた働いてもらおうとしたり、海外から人材を受け入れていますが、今ならまだ働く人が仕事を選べる時代です。

これが一般的な仕事と同じように誰でも働けるようになったらこうはいきません。

薬剤師の転職サイト

資格が必要な仕事には特別な権利があると言えます。

その資格持っていれば持っていない人よりも良い待遇の仕事ができるからです。

そんな資格はなかなか無いので本当に貴重です。

ただし、人手不足が続くと政府が規制を緩和して業務を細分化して必要な資格を簡素化したりして有資格者の人数を増やしてしまうこともあります。

いい条件の仕事が選べるうちにいい職場に巡りあいたいものです。

医師の転職サイト

医師の仕事は特別です。

とにかく肉体的、精神的な大変さは他の医療系の仕事と比べて飛び抜けています。

ギリギリの人数と病院数でバランスを取っていることも原因の1つです。

環境によっては全く違う働き方ができる職だとも言えます。

今と違う働き方を目指したいと思った方は探してみると良いかもしれません。

派遣社員の転職サイト

一般事務の派遣の仕事はとても凄い競争率になっているようです。

これは以前、派遣という働き方が始まった当初には年齢を重ねても何とか次の仕事が見つかると言っていた人も居たのですが、政府の後押しがあって多くの人が正社員に登用されました。

今では「あの時、正社員になっていなかったら今頃は派遣先が見つからなくて仕事がなかっただろう」と言っています。

そんな一般事務でも今はとても競争が激しいのです。それはオフィスワークの仕事が効率化され一般事務という仕事がどんどん減ったからでしょう。

正社員になれたり、他の職場でも役立つのができるだけ専門的な仕事をするということです。

自分にしかできない仕事、そんな仕事を選んで取り組んだ方がいい結果につながることでしょう。

アルバイトの求人サイト

最近はフリーランスやクラウドソーシングなどといって内職のようなことが企業と直接できるようになりましたが、やはりアルバイトの仕事の方が見つけやすく稼ぎやすいといえます。

中には倍率が高くて全然面接が通らない業種のバイトもありますが、自分のプロファイルがマッチする仕事に応募すれば決まりやすいともいえます。

自分のような人がどこの業界、業種で求められているか調べながら応募すれば効率的に進められるでしょう。

最近更新されたページ

おすすめ

おすすめの商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。