*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

本当に英語学習とプログラミングの小学校義務教育化で大人の仕事がピンチになるか? – 仕事のエステクリニック

仕事のエステクリニック

👩‍💼たくさんのアクセスありがとうございました。どんな転職サイトやエージェントがあるか一度見ておくと役に立つと思います。インスタもよろしくおねがいします。👩‍🔬

一般

本当に英語学習とプログラミングの小学校義務教育化で大人の仕事がピンチになるか?

投稿日:2019年2月11日 更新日:

本当に英語学習とプログラミングの小学校義務教育化で大人の仕事がピンチになるか?

今、大人のための英語とプログラミングの勉強がブームのように湧き起こっていますが、これはいずれやらないと将来危ないから焦っているのかもしれません。

どちらも小学生が学校の授業でやることになるからです。

つまり大人が無理してこれらのスクールに通うよりも子供に通わせたほうが効率が良いということも言えそうです。

小学校での義務教育化を考えるとやはりどう考えても小学校から全員が覚えていくのですから、若い人に任せた方が効率的です。

若い人が会社員になるまでのそれまでの間にどうにかするという感じでしょう。それまでの仕事として考えたり、若い人に仕事を頼む時に英語とプログラミングを理解しておくべきだということで自分で学習を始める人は賢いかもしれません。

また、そういう市場が大幅に広がる10年後を見据えてIT系の会社に入って修行しておくというのも手です。

10年ぐらい経てばその会社での地位も上がっている可能性もありますし、その時にちょうど仕事の大変革が起きて会社の利益が自分に返ってきやすくなると考えることもできます。

簡単に言えば、これら2つの英語とプログラミングを請け負う仕事は今よりもずっと単価が安くなり、市場競争力も出てくると言えます。

すると今までよりも多くの分野にIT化が進むことになり市場規模が大きくなります。

そのときに利益を多く伸ばせる会社に入っておくことが賢い選択なのかもしれません。

でも、現実問題としては既存の英語教育も教える方がついていけない、受験に反映しづらいという問題があるように上手くいかない可能性もあります。

どちらかというと、上手く機能しない可能性が高いと思います。

ただ、Google翻訳やスマホの普及により、将来の労働人口の英語力とプログラミング、PC操作能力が落ちることを防ぐ効果として多少は意味があるといえるかもしれません。

義務教育化によって、既存の大人の仕事がピンチになるか、全く恐れる必要はないか両極端な考えが思い浮かんでしまいます。

どちらになるか想像してみるとよいかもしれません。

ただ、スマホの自動漢字変換で漢字を覚える必要がなくなって日本語能力が落ちていることから考えても人間は楽な方にすすんでしまいますので便利なツールのせいで衰弱していく可能性のほうが高いとは思います。

今でも便利になった世の中で昔の人ができていたアタリマエのことが出来なくなってしまった現代人で溢れかえっています。

「転職サイト発掘アドバイザー」
職種ごとに求人サイトがあることを知らないと損をするかもしれません。

おすすめ

おすすめの商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。