*気になったページは「ホーム画面に追加」すると次回から探しやすくなります。

【不思議なもので紹介してもらった方がやっぱり有利】主婦や女性におすすめな転職エージェントは? – 仕事のエステクリニック

仕事のエステクリニック

転職サイト発掘アドバイザー

オフィスワークの転職サイト 転職エージェント

【不思議なもので紹介してもらった方がやっぱり有利】主婦や女性におすすめな転職エージェントは?

投稿日:2018年10月9日 更新日:

主婦や女性におすすめな転職エージェントは?

インターネットで求人情報がオープンになって自由に求人が見れるようになったわけすが、やっぱり転職エージェントという制度を使って紹介状を書いてもらったほうが有利になります。本当に不思議な話なのですが、やっぱり人づてに知り合いからこの人良さそうと言われる方が採用担当者も積極的になってくれるようです。

しかも忙しいということもありますし、いくら人事部が頑張っても採用のミスマッチは減らせないのでとりあえず働いてもらってから考えるかというスタンスになれば採用担当者はできるだけ手間をかけずに採用したいものです。

入ってから人事部が頑張るということでやるならエージェントに選んでもらった人を採用していく方が良いのかも知れません。

オフィスワークの場合

主婦の方であれば働く時間に融通が効くオフィスワークを選ぶ方が多いと思います。リモートワーク併用でだいぶ子育てがしやすくなったはずです。

政府の後押しもあるのでオフィスワークで働くのが一番都合がいいと思います。

また、女性の管理職を増やそうということもあってオフィスワークで活躍する方が増えているので追い風が吹いていると言えそうです。

管理職の転職

管理職の求人に強いエージェントサイトを紹介しています。チャレンジとして挑戦してもいいと思います。政府の後押しというのが一番の追い風になります。

薬剤師の方には?

働き方を選んで探すことができる薬剤師の転職サイトが増えています。求人数が多い時にに探すのがコツです。

看護師の方には?

託児所がついている病院や日勤のみのお仕事を探せる転職サイトもあります。

医師の方には?

扶養の範囲内で働くことは難しいですが決まった曜日だけ勤務する仕事を見つけて家事と両立することも可能です。

託児所がついている病院や日勤のみのお仕事を探せる転職エージェントサイトもあります。

アルバイトを探す時は注意が必要?

主婦の方が仕事を探す時にまず思いつくのがアルバイトです。

徐々に慣れるためと時間を区切って働くので家事と両立しやすいからです。

そして扶養の範囲内で働くことを考えるとアルバイトが丁度いいと思うでしょう。

でも、ちょっと考えてみて下さい。

コロナの影響もありますが、アルバイトの代表的な仕事ともいえる飲食店での仕事が今ピンチです。

従来のようなファーストフード的に1,000円以下の料金で食事ができるふらっと一人でも立ち寄れる飲食店がピンチになっています。

これはテレビで報道されている様子を見たり、統計から予測することもできますが、実際に町で働いている人がお昼ごはんを食べるような飲食店を探して入ってみて下さい。

報道は一部を切り取ったものです。

現実は自分の目で見るとわかります。

本当に厳しい状況だと分かると思います。

今までもファーストフード的なランチ用の飲食店はとてもダメージを受けていてもうこの先はやり方を変えないといけないという段階まで来ていました。

そこで単価を上げて安さより少しプレミアムな飲食店にしていこうと戦略を練っているところが多く見られました。

しかし、その最中にコロナショックです。

これは本当に痛手でした。

給付金でなんとか耐えているところも多いです。

チェーン店の大きな会社は耐えているのかもしれませんが、実際に入ってみるとその深刻さが伺いしれました。

  • 今まで1分以内に食事が出てきたお店が30分経っても注文した食事が出てこない!
  • 食事の中に太い髪の毛がしっかりと入っていた!
  • マスクを外してくしゃみをしている店員がキッチンにいた!

これらのことが起きて途中で退場してきました。

立て続けに3軒続けて訪れた飲食店でのできごとでした。

私の行った場所のお店が悪かったのでしょうか?同じ駅でした。

以前から微妙で入るか入らないか悩むけど空腹に負けて入ってしまっていました。

これまでも不快な思いをしたところは行かなくなりもういけるお店が残り3軒となっていた所での出来事でした。

これでもうほかに行く店がなくなってしまいました。

これが時代の流れ、運命なのでしょう。

かわりにどうしたかと言うと、近くの大手小売店がとても味付けのいい安くて心を捉えるお弁当が大量に並んでいるのを見つけてそれを買って河原のベンチで食べることにしました。

これがまた、なんでこんなにいいの?

というくらいに快適なのです。

エビ天丼が300円以下で買えます。

今までファーストフード店でどんなに安いお店でも450円くらいはしましたが、なんと290円代で買えるのです。

レジ袋が30円でしたが思わず付けてしまっていますが、それで10%も高くなるのですが何とも感じないくらい安いので問題ありません。

さらにこれが時間が経ったものは10%割引になるのです。

明らかに清潔な環境で作られていてちゃんと綺麗に並べられていて、みんなお店に入る前にアルコール消毒をしている。当然マスクをしていない人は誰もいない。

一度触ったお弁当は戻さずに買うくらいの気遣いを持って買い物をされている人が大部分なので安心できます。

こんなことは飲食店では絶対に不可能です。

  • まず、お客さんは食べるためにマスクをしていない
  • 店員が注文が厨房に聞こえやすいように透明なプラ板を口の前に付けているだけでしゃべる。もう店員さんの息が食事にかかりまくりです。最悪でしたね。
  • お客さんは備品を手でベタベタ触る。
  • 咳き込む人もいる

こんな環境でお弁当より高いお金を払って食事をしようと考える人なんていません。

今まで他に食事をする方法が思いつかなかったので利用していましたが、もうこのサービスを知ったら飲食店に行く理由がありません。

  • コンビニ弁当よりも丁寧に作られている上に安い!
  • お店の配慮が最高レベル

この時点でコンビニエンスストアもかなわないものになっています。

といいつつ、大手小売店はコンビニのような店舗も大人気です。

コンビニの接客は少ない人員で24時間営業なので接客より体力というイメージでした。

それに引き換え、あきらかに手慣れた動きの大手小売店の店員さんの方がプロ意識が高くて最高です。

コンビニも24時間営業や契約によるオーナーの負担が大きすぎると問題になったりして縮小傾向にあるように見えます。

別に大手小売店を持ち上げたいわけじゃないのですが、バイトの仕事といえば飲食店かコンビニというくらいにたくさんの求人がありました。

それが、飲食店やコンビニの仕事が大手小売店のレジ係の仕事に吸収されるかもしれないということをお伝えしたかったのです。

それだけ主婦の方の仕事に変化が出てくるということですね。

何というか、小売業のプロの大手小売店が利便性優先のコンビニと競い合ったらそれは勝負はもう見えています。

どうしても深夜に行かなければならないわけでもなく、オフィスワークの人たちが毎日通勤して仕事帰りに夜遅く帰り道の途中のコンビニで買い物をしなければいけないこともなくなりました。

全部、コロナショックのせいですね。

コロナによって、ある意味、仕事の世界が先鋭的になったのは事実です。家族との時間を大切にして家でできることは家でやる。

それに伴い、今まで厳しかった業種は一気に淘汰されてしまうかもしれないということでしょう。

驚くばかりです。

こんなことになるなんて思っても見ませんでした。

紹介してもらった方が有利?

女性と男性で仕事の探し方に違いはない

女性が男性と違う仕事の探し方をすることは無いと思います。女性限定の職種であればその職種用の求人情報サイトを見るくらいですが、基本的に全く同じように見ていいと思います。

ただし、求人情報サイトの写真で男性しか写っていない場合は、求めている人材が男性だけだという可能性もありますのでそのサイトで探すのは時間の無駄かもしれません。

法律で男女を条件にして募集をかけたりすることは制限されているのであまり明記されることはありません。

また、女性の求人が90%で男性の求人が10%のような求人情報サイトではどのように書けばよいのかわからなくなってしまいます。

そのようなときはイメージとして写真に写っている働いている人の男女比をそれとなく配分していると思います。

男女比が同じくらいであれば、同じ人数だけ写っているはずです。

ただ、何もしなくても男性は応募してくるので女性の応募者を増やしたいので女性の写真を8割くらいに増やしているという場合はあるでしょう。

エージェントである人材紹介会社は損をしたくありませんのでちゃんと求められている人材を紹介したいはずです。

つまり、女性が集まらない業界の求人にはエージェントを使って集めている可能性がある。エージェントによっては女性の求職者が少なく有利な条件で仕事を紹介してもらえるかもしれない。

という1つの想像ができるはずです。

派遣と正社員求人とエージェントの紹介どれを選べばいいの?

雇用形態、職種ごとに求人情報サイトから選んで応募するこことができますが、普通は条件がいい雇用契約を結びたいものです。

たとえば、

「自分はエージェントなんて紹介してもらえないかもしれない?」

などと最初から諦めて応募しなかったり、

「どうせ倍率が高くて受からないだろう。」

といって応募しないことは人生で一度きりのチャンスを逃すことになってしまいます。

他のことは取り返せることもありますが仕事は一度きりのチャンスだと考えたほうがいいです。

そのためいい条件の求人を見つけたらとりあえず応募するというのが鉄則です。

しかし、みんながそう考えているのでやはり倍率がとても高くなってしまいます。

これでは担当者が振り分けるのに時間がかかって仕事の効率が悪くなってしまいます。

また、もしもみんながエージェントへ申し込んで面談するとなると、面談するコンサルタントの予定が何ヶ月も埋まってしまうことでしょう。

こういうことでは仕事になりませんので、可能性がほとんどない応募者には対応しないような仕組みを用いているはずです。

たとえば、エージェントに面談を申し込んでも自分の条件がマッチしそうな求人がない場合は面談を断られてしまいます。

また、応募者が殺到したら嫌な企業は求人が申し込めないようにしたり、見えないようにしています。

そのようなことがあるので、

「エージェントのサイトでいい求人を見つけたらとりあえず申し込んでみる!」のが良いといえると思います。

これは体力的にも精神的にも大変です。長期間やっていると相当疲れてしまいますが、期間を決めて集中してやってみることがいいと思います。

応募する順番としては条件がいい求人から申し込みます。

  1. エージェントの非公開求人
  2. 公開されている正社員の求人
  3. 派遣会社の求人
  4. アルバイトの求人

やはり待遇面から考えてこの順番で申し込むのがいいと思います。

これでどこか受かった所で働くということで一番、待遇がいい条件の仕事を得ることができるでしょう。

もちろん、順番が前後して上手くいかないこともあります。また派遣社員とアルバイトで本当にどちらがいい待遇と言えるのかわからない場合もあります。

女性の場合という条件で書きましたが、あまり特別なことはないのですが、男性の場合は個人的には若干違うところがあると思います。

それは、オフィスワークの事務職としての仕事の豊富さが男性とは違うということです。もし男性だったら、上記のような順番で応募すればいいとはならないと思います。

1や2で受からなかった場合、職種をチェンジしないと駄目だと思います。そのために面倒な回り道をすることになるかもしれません。

気になるページ

『30代の主婦や女性に人気のおすすめな求人情報とは?』
『エン転職』【大手への転職におすすめな求人情報】<口コミ、評判は?>
ギークスジョブ geechs jobの口コミ、評判は?【ITエンジニアのフリーランスのための求人サイ...
【エージェントだけじゃなく公開求人サイトも充実】主婦や女性におすすめなオフィスワークの転職サイトの口...
【年収の高い仕事の探し方!】ビズリーチ BIZREACHの口コミ、評判は?【ハイクラス求人や外資への...
オフィスワークの転職(一般転職)は求人がないかもしれない?もう駄目?
『50代の主婦や女性に人気のおすすめな求人情報とは?』
ビッグデータナビ BIG DATA NAVIの口コミ、評判は?【AI、データ解析の求人】
面接で嘘を見抜く方法は?
アットタイプ @typeの口コミ、評判は?【厳選の大手でおすすめ!】
【経理専門の求人サイトでハイクラスを目指そう】主婦や女性におすすめな経理の転職サイトの口コミや評判は...
『INDEED』【おすすめのAI技術を利用した求人情報】<口コミ、評判は?>
<アメリカの新卒初任給・平均年収は日本の2倍?>『大卒女性に断然おすすめの仕事探しの方、求人情報は?...
【仕事の探し方】人気の総務の求人情報
【大企業を辞めて良かったと思った理由】社員を使って事業所を監視社会の実験都市に!?